ホーム
健康ニュース
お問い合わせ
免責事項
サイトマップ
二日酔いの予防と回復
自分自身の持つアルコールの代謝能力以上のアルコールを摂取し、就寝した翌日に現れる頭痛や吐き気などの不快感を二日酔いといいます。
肝臓が処理できないほどのアルコールを摂取しているためなので、単純に酒量を減らせば二日酔いにはならない他、 お酒を飲む前に肝臓の機能を高めたり、胃腸を保護することによってある程度の対策をすることは可能です。
「酔い」のメカニズム
二日酔いで頭を抱える人
お酒を飲むと、最初に肝臓で毒性の強い「アセトアルデヒド」に分解され、次に酢酸に分解されます。
アルコールが分解される速度は一定なので、個人の持つ分解能力より速いペースや許容量よりも多いと分解できなかったアルコールやアセトアルデヒドが血液から全身にまわり頭痛や吐き気などを引き起こします。
お酒を飲む前や、飲んでいる時の二日酔い対策
方法お勧め説明
牛乳を飲む 「牛乳を飲むと胃に膜を張ってアルコールの吸収を遅くする」という話は有名ですが、 最近では膜は張らない or 別の水分で流れるという説が有力です。ただし、乳製品のたんぱく質はアルコールの分解を促します。
ウコン(クルクミン)
を飲む
ウコンに含まれるクルクミンは、肝機能を高め胆汁の分泌を促進する効果があります。 解毒作用が強化されるので二日酔いの解消に役立つでしょう。常用しすぎると肝臓に負担がかかるので◯まで。
胃腸薬を飲む 液キャベやソルマックなど二日酔いに効果がある胃腸薬がコンビニなどでも手に入ります。 飲む前でも、飲んだ後でも有効です。
ヘパリーゼを飲む 新鮮な哺乳動物のレバーを消化酵素で加水分解したものでアミノ酸やタンパク質の合成に 必要な核酸を含むため、飲む前や飲んだ後にも効く医薬品です。
ハイチオールCを飲む シミ・ソバカスを防ぐことで有名ですが、当初は二日酔いの薬として販売したようです。 Lシステインという物質が肝臓の負担を和らげます。
おつまみを工夫する 空腹時の飲酒を避けることはモチロンですが、豆腐や枝豆は良質なたんぱく質でアルコールの代謝に役立ちます。 アーモンドなどのナッツ類は、肝機能の低下を防ぎます。 その他の肝臓によいおつまみ
二日酔いから早く回復するには
方法お勧め説明
ひたすら寝る ひたすら寝ることは二日酔いを解消するよい方法です。 身体の働きを毒素の分解に集中できるので回復も早くなります。
運動をして汗をかく 汗をかいて毒素を排泄することは二日酔いからの回復を促しますが、 脱水症状になる恐れがありますので水分を十分に補充してから行ってください。
ぬるめの風呂に入る 血行をよくし発汗を促しますので、ぬるめのお風呂で二日酔いが解消できます。これも水分を十分に摂ってから行ってください。
サウナに入る× その効果はぬるめの風呂と同じですが、代謝で弱っている心臓に負担がかかるのでなるべく避けた方がよいでしょう。
迎え酒を飲む× 迎え酒は血糖値を上げてアルコールにより中枢神経を麻痺させるので、一時的には体調がよくなったような気がします。 しかし、肝臓にさらなる負担がかかるので避けた方がよいでしょう。
胃腸薬、ウコンなどの
ドリンク剤を飲む
飲む前に飲んでも効果がありますが、胃腸薬やウコンドリンク、ヘパリーゼなどは、お酒を飲んだ後でも肝臓の機能を向上されるため有効です。
シジミの味噌汁を飲む シジミには、良質のたんぱく質を含み造血作用のあるビタミンB12、 肝機能を向上させるタウリンなどの肝臓に良い成分が多く含まれています。
水を飲む 肝臓がアルコールを代謝するときに大量の水分を使います。 消費された水分を補給するために多くの水を飲むことは効果があります。
スポーツドリンクを飲む 水と同じく水分補給が目的ですが、不足しているミネラルなどを補うため通常の水よりお勧めです。
グレープフルーツ
ジュースを飲む
グレープフルーツに含まれる果糖がアルコールの代謝に役立つ、 消費している水分やビタミン、ミネラルを補充するため有効です。
コーヒーを飲む カフェインの作用により目覚めや利尿効果がありますが、 人によっては頭痛や吐き気が悪化するので賛否が分かれます。
緑茶を飲む ビタミンCがアセトアルデヒドを分解する作用があります。 また、タンニンがアルコールの代謝を促します。
柿を食べる 緑茶と同じように、ビタミンCを多く含み、タンニンなども含まれています。 また、カタラーゼという酵素もアルコールやアセトアルデヒドの分解を助けます。